ねこせんちゃんねる 生活はつづく

日々の暮らし、人生、節約術

使い切れない「スプレー缶処分方法」簡単、安心、穴不要、飛散無し

スプレー缶処分

 

スプレー缶の処分に困ったことありませんか?捨てれずに引っ越しするときも持ち運ぶ事になってます。

デオドラントスプレーなどは香りがするだけなんで、押して使い切りことはできるんですが、ペンキや液体のような内容のものは、飛散するし時間もかかります。ガスが残ってるのに穴を開けるの怖いです。

スプレー缶を回収するような業者を探してみましたが、ほとんどないですね。1本700円で引き取るなんて業者がありました。それはもったいない。

 

そんな時に見つけたのがティッティリー♪「スプレー缶ぽいぽい」~♪

これが俺が求めてた物だ!即買いです。価格は1,980円

スプレー缶ぽいぽい

 

スプレー缶ぽいぽい付属品

商品内容はこれだけです。なんか自分でも作れそうな感じですね。

ポイントは、ロングノズルですね。これに付け替えて中身を出すわけです。

赤と白で差し込み口の直径が違います。私が使ったスプレーは全部赤ノズルで対応できました。

スプレー缶ぽいぽい トイレットペーパー

使い方は簡単、容器にポリ袋をセットし、トイレットペーパーを詰めます。液体を吸収するためですね。フィルターの蓋をしめます。

スプレー缶ぽいぽい使い方

スプレーを押して、ガムテープで固定すればほったらかしです。お手製のバ〇ダンみたいですね。 容器のフィルターをとおして臭いはしません。中身も飛び散りません。

一番処分したかった洗濯のりのスプレーも処分できました。あとは、静電気スプレーとか防水スプレーとか多かった。最後は釘を打ち込み穴あけました。

消火器スプレー処分

こちらの消火スプレーは、中身は入ってるのにノズルを押してもガスが出てきませんでした。イチかバチか、穴を開けてみたらガスは無く、液体だけ出てきました。古い物なので窒素ガスが抜けてしまったのかも知れませんね。

これですべて、家にある不要なスプレー缶が全部処分できました。燃えないゴミの日にだすだけです。いや~スッキリしたなぁ

 

 

 

/* シェア数をカウントするJS */ // コールバック関数 function getJson(json) { var hatebuCount = json; var allSelector = document.getElementsByClassName('si-hatebu-count'); for(var i=0;i