ねこせん・にん

日々の暮らし、人生、節約術、株投資

中曽根首相「惻隠の情 首相泣く」35年前の小学生の日記

測隠の情 首相泣く

2019年11月29日 中曽根元首相が101歳で亡くなりました。中曽根首相と言えば小学生の頃の総理大臣という思い出です。1982年~1987年ですので私が8歳~13歳です。

小学生3年か4年の時に「なんでもノート」という宿題を出されてまして毎日何かノートに書いて先生に提出するんです。いわば35年前の雑記ブログみたいなものです。

そのノートに中曽根首相の事を書いたのを憶えてるのです。テレビのニュースか何かで中曽根首相が泣いていたんでしょうね。それをなんでもノートに書きました。

35年前の小学生の日記

新聞の記事は「惻隠の情 首相泣く」

「私も、ロッキード事件で証人喚問に立たされて、マスコミにたたかれた。田中さんがいろんな苦難に耐えていることを思うと、惻隠(そくいん)の情を禁じがたい」「田中さんがかわいそうだ。一緒に同情し、一緒に泣いてあげる友人がいなければダメだ」

とか語りボロボロと涙を流したそうです。

中曽根首相の似顔絵

なかなか、ヘアースタイルの特徴をとらえてますね。赤ペンで先生が「惻隠の情 」はどういう意味?とコメントがあります。35年の時を経てネットで調べました。「哀れに思う気持ち。可哀想であると感じる心持ち。」という意味だそうです。タメになったね~タメになったよ~  小学生の自分からブログネタをいただきました。 もう中学生ではなく、もう中年でした。

中曽根康弘 - 「大統領的首相」の軌跡 (中公新書)

中曽根康弘 - 「大統領的首相」の軌跡 (中公新書)

 

 

/* シェア数をカウントするJS */ // コールバック関数 function getJson(json) { var hatebuCount = json; var allSelector = document.getElementsByClassName('si-hatebu-count'); for(var i=0;i