ねこせんにんの 生活はつづく

日々の暮らし、人生、節約術

ちょっと待って、来年の手帳を買う前に「iPad手書き手帳アプリ「PencilPlanner(ペンシルプランナー)」でいいんじゃね

2021年もそろそろ終わりますね。この時期は来年の手帳を探しだす時期じゃないでしょうか?手帳を買う前に、これから紹介する「PencilPlanner(ペンシルプランナー)」というアプリを検討してみてはいかがでしょうか?

 

私の手帳歴

私もスーツ着て会社行ってた時期がありまして、その時が一番手帳を使いましたね。アイデアを書き出したり、行動リストや会議の内容など書いたりしてました。そんな仕事をやめてからも、やるべき事を書き出すというのは大事で手帳をを使います。

過去に「ほぼ日手帳」「CITTA手帳」のなど機能に特徴を持った手帳を使いました。しかし、空白部分ができたり、使いきれなくて活用できてないことも多いです。2000円とか、3,000円とかするのにもったいない。

普通の大学ノートでも良いじゃないかと思ったりもしました。それでも自分の行動を管理するにはやっぱりなにか必要なんですよ。そこで見つけたのが、iPadのアプリなんです。

 

手帳アプリ「PencilPlanner(ペンシルプランナー)」のここが良い

このアプリの良さを書き出してみました。

f:id:Since1974:20211125221054j:plain

 

1 すべての機能がひとつになっている。

日別、週間、月間、年間、ノートという項目がありすべて連動しています。様々なアナログ手帳がありますが、すべてこのアプリ1つにまとまっていると思います。

 

2 手書きである

アップルペンシルなどのスタイラスペンで手書きで記入できます。アナログ手帳と変わりません。

3 Googleカレンダーと連動している

アップルのカレンダーはGoogleカレンダーと連携できますね。Googleカレンダーに入力した予定はアプリのスケジュールに表示されます。

 

4 ノートが無限大である

f:id:Since1974:20211125221923j:plain

テキストが書けるノートがあるのですが、デジタルなんでいくらでも増やせるしファルダ分けもできます。作ったノートは手帳とリンクさせることもきます。

 

5 価格が安い

サブスクリプション1年間で2,100円です。1ヵ月175円ですね。価格の感じ方は人それぞれですが、安いと感じました。ほぼ日手帳はA6サイズで2,200円でした。でもカバーとかが高いんですよね。

6 思い立った日から始められる

この時期に手帳始めたい!と思っても10月始まりだったり1月1日からだったり、なんか始めづらいですよね。アプリなら本日から始められます。

 

YouTubeで確認しよう

わかりやすいYouTubeレビューがありましたのでおすすめです。

 

最後に

手帳ってうまく使いこなせなくて途中でやめてしまう事が多いのですが、これなら続けられると思いました。まだ写真とかが張り付けなどできないのですが、アップデートされるとは思います。 スタイラスペンが必要となるんですが、今は純正ではなく安いペンを使ってます。絵を本格的に描くわけじゃないなら下記のペンが安くて良いですよ。 時期によって違いますが、今なら2,770円で買えます。

amzn.to

ペンを毎日使うようになったらアップル純正のはどんな書き心地なんだろうと使いたくなりましたが、1万円以上するから躊躇してます。

手帳で目標とか行動が管理できるようになってきたので、はてなブログの更新も増えそうな気がする。

 

/* シェア数をカウントするJS */ // コールバック関数 function getJson(json) { var hatebuCount = json; var allSelector = document.getElementsByClassName('si-hatebu-count'); for(var i=0;i