【節約生活術】ねこせんにんちゃんねる

日々の暮らし、人生、節約術

仮想通貨を毎日積み立てたら1年後にどうなってるか検証 【第1話】

f:id:Since1974:20220306192310p:plain

仮想通貨を始めた理由

ビットコインは、ブームの時に15万くらい買って、時すでに遅しで、いっきに暴落、数万円ぐらいになって放置して昨年あたりに元にもどって売却して損失0円って感じでした。

なぜ、また始めたのか?最近。「メタバース」やら「NFT」やら「ウェブ3.0」とか新しいキーワードを良く耳にしますよね。そこで絡んでくるのが「仮想通貨」なわけです。

ザ・サンドボックス(The Sandbox)はブロックチェーンベースの仮想空間で新たなプラットファームなんですが、その仮想空間の中で土地の売買が行われています。その取引で使用されている仮想通貨が「SAND」と言います。


www.youtube.com


このように仮想通貨の重要性を知り、資産にしていこうかと思いました。

ちょっと話はそれますが、

映画やドラマの中でも仮想通貨がでてきます。強盗団とかの報酬はビットコインで支払いとか、ドラマ「ホームランド」の中でスパイの暗号コードがTwitterでつぶやかれ「ダーウィンはリップルがお好き?」的な言葉だったと思いますが使われていました。下記はビットコインって書いてあるみたいですけど。

暗号通貨取引所「ビットフライヤー」で積み立て開始

余談はさておき、仮想通貨を始めることになったわけです。株などの投資などもやっていますが、みなさんもそうでしょうけど、やはり積み立ての投資信託が結果がでてますよね。

値動きの激しい仮想通貨も「ドルコスト平均法」で積み立てていけば、平均購入単価がさがって良い成績が出せるかも知れません。

以前に開設した暗号通貨取引所「ビットフライヤー」で買っていきます。なんと1円から買う事ができます。

私のスタート資金は10万円です。私が購入している仮想通貨は下記の4種類です。

BTC ビットコイン

ビットコインは、2008 年に「サトシ・ナカモト」と名乗る人物がインターネット上に公開した論文の中で構想が示され、それを受けて運用が開始された仮想通貨です。分散型台帳を作る技術であるブロックチェーンを利用することで、公的な発行主体や管理者の裏付けなしにネットワークを介して価値の保存や移転を行える特長があります。ビットコインは数ある仮想通貨の中で時価総額が最も大きいことから、仮想通貨の代表格と言っても過言ではありません。ビットコインから分裂や派生した通貨も多く、仮想通貨の基軸となっています。 引用 ビットフライヤーのサイトより

仮想通貨と言ったら、ビットコイン、これは外せないですよね。将来いくらになるのか?いろんな人が予想されてますが、今後5年間で1ビットコイン10万ドルという予想もあります、今500万円くらいですから2倍の可能性があるかも知れません。

XRP リップル

リップル(XRP)は、テクノロジー企業「リップル」の金融機関向け国際送金ソリューション RippleNet で利用されている仮想通貨です。発行上限数量は 1,000 億 XRP で、既にすべて発行済みであるため、ビットコインなどのマイニングのような新規生成の仕組みはありません。RippleNet は、複数のブロックチェーンや決済ネットワークを接続可能な技術 Interledger Protocol(略称: ILP)を基盤とする、On-demand Liquidity(略称: ODL 。旧名: xRapid)が中心となっています。国際送金の際は、例えば日本円など法定通貨を XRP に変換し、独自ブロックチェーン XRP Ledger を介して宛先国に即座に送付、さらに宛先側で XRP をドルなどの通貨に戻し受取人に転送します。いわば XRP は、異なる通貨を橋渡しするブリッジ通貨となっているといわれています。また、 RippleNet に参加した銀行や決済サービス事業者は、0.001 ドル程度の取引手数料で約 3.6 秒という速さで国際送金を行えるといわれています。24 時間 365 日利用可能で、毎秒 1500 件の取引を処理できるとされています。この高速な送金には、独自のコンセンサスアルゴリズム XRP Ledger Consensus Protocol(略称: XRP LCP)が貢献しています。XRP LCP では、取引の承認を行うバリデーター(英: Validator)という存在が検証を行い、正当と判断すると合意形成されたものと見なされます。マイニングのような複雑な計算が必要ないため高速に処理可能です。引用 ビットフライヤーのサイトより

これも聞いたことありメジャーどころの仮想通貨ですね。説明難しいですけど、送金が速いってことみたいです。将来10万円になる可能性も?とネット情報ではありました。現在85円ですから、1000倍以上?

今現在、「暗号資産のリップルは有価証券に該当するのか」という裁判が行われており、有価証券と判断されると下降に転じる可能性があるそうです。

ETH イーサリアム

イーサリアムはヴィタリック・ブテリン氏によって開発されたプラットフォームの名称です。このプラットフォーム内で使用される仮想通貨をイーサ(英: Ether、単位: ETH )といいます。日本では、プラットフォームを意味するイーサリアムと通貨を意味するイーサをどちらも「イーサリアム」とする表現が普及しています。イーサリアムにはビットコイン同様に、マイニングによって通貨が発行される Proof of Work(略称: PoW、プルーフ・オブ・ワーク)が採用されています。しかし、マイナーの通貨保有量や保有期間に応じてマイニングの難易度を調整する Proof of Stake (略称: PoS、プルーフ・オブ・ステーク)への移行が今後検討されています。(2019/09/10時点)引用 ビットフライヤーのサイトより

ビットコインについで2位の時価総額、テスラ社イーロンマスクが個人的に所有しているそうです。2030年ぐらいには10万ドルを超えるかもと予想があります。今は日本円で30万くらいですから30倍以上って感じ?

BAT ベーシックアテンショントークン

ベーシックアテンショントークン(BAT)は、パブリッシャー、広告主、ユーザが取引に利用できる新しい種類のトークンです。BATを使うことで、デジタル広告の効率性が劇的に向上します。BATの取引はすべて、Ethereumのブロックチェーン上で行われます。BATのプラットフォームでは、トークンを使って様々な広告サービスや関心(アテンション)を基にした多様なサービスを受けることができます。トークンの有用性(ユーティリティ)は、ユーザの関心を基に決まります。この場合の関心とは、ユーザの心的関与のことです 引用 ビットフライヤーのサイトより

これは、先の3通貨よりはマイナーですが、自分で大穴を狙おうかと思って買いました。chromeとかsafariとか、ブラウザがありますよね、次世代ブラウザと言われているのが、Braveブラウザでその中で使われているのがBATなんです。

私も最近使い始めたブラウザで広告を自動削除してくれるんです。みなさんブログのアドセンスも表示されません。このブラウザが普及したらBAT価値があがっていくのでは?と思ったしだいです。Braveブラウザに関しては別記事で紹介しようと思います。

毎日の積立額は?

ビットフライヤー残高

BTC100円

XRP100円

ETH100円

BAT50円

毎日350円積み立てています。ウクライナの件もあり大きくさがり、その後回復、今はまたマイナスとなっています。口座に10万円いれてまだ2万円ぐらいしか仮想通貨にはなってません。

さいごに

難しい事書きましたが、YouTubeとかみたぐらいの浅はかな知識ですのでご了ください。10万円積み立て使いきったら、その後も追加するかまだ考えてません。資金が少ないので億り人は無理だと思いますが、100万円ぐらいになったらいいなと思ったり。

今回は第1話としましたので、経過報告を定期的にしていきたいと思います。

/* シェア数をカウントするJS */ // コールバック関数 function getJson(json) { var hatebuCount = json; var allSelector = document.getElementsByClassName('si-hatebu-count'); for(var i=0;i